たけとけたと片付かない部屋

関西地方の20代後半サラリーマンです。地方の工場勤務なのであんまりスーツ着てません。趣味中心のブログです。読書、アニメ、ボードゲーム(カタン)、マラソン、サッカー、ゴルフをやっています。今年からは子育て奮闘中です!

MENU

出産立会いしてよかった点大変だった点

どうも、たけとけたです。先日パパになりました。

初めての子供だったのでまだまだ実感が沸かない初心者ですが、昨今のイクメンブームに乗れないまでも引っかかるように出産の立ち合いをやってきました!

 

いやーすごかったです。ほんとに。。。

一つの生命が生まれるって、あういうことを言うんですね・・・

ただ父親教室で教えてもらっていたのと全然違った印象だったので、出産が美化されすぎてないかなあと思いましたので、自分なりの感想を残しておきます。

出産立会いでよかったこと

①出産という一大イベントを夫婦で体験できた

「出産立ち合いしたほうがいいよ」とたくさんの先輩パパさんに言われていたのですが、これに関しては僕も賛成です。出産の陣痛来ているところなんか男性の子供の出産イメージがいかにお花畑か思い知らされます。僕の妻も今まで見たことないような必死な形相で数時間ずっと苦しんでいるわけです。助産師さんも「初めてにしては早かった

ですねー」というぐらい順調に最後までいったのですが、これはきついなあというのが正直なところです。立会しても男ができることってほとんどないんです。せいぜい背中さすったり腰押してあげたり、水分渡したり程度で。

それでも、一緒にいるのは大切だと思います。

②赤ちゃんが生まれてくるところが見れた

ディスカバリーチャンネルではないですが笑。生で見れることは自分の妻の時しかないので、「感動したよ」という意見はよく聞きますがその通りだと思います。ただただすごいです。。。

陣痛の第一段階から立ち会えなくても、生まれてくるのが近づいたタイミングではいてあげたらいいのではと思います。

③自分の赤ちゃん感がすごい

くだらない話ですが、自分の知ってるところから赤ちゃん出てくるのでフィクションっぽくはないですよね笑 ビビりました笑 これに関しては今後のこと考えると賛否両論ありそうですが、僕はよかったのかなあーと思います。今後の夫婦生活がどうなるかはまだ分かんないですけどね。

 

出産立会いで大変だったこと

①職場との両立がしんどい

出産立ち合いってほんといつくるのか分かんないんだなーというのが今回一番実感したことでした。出産予定日の前後にフォーカスしてスケジュール調整していたのですが、実際生まれてきたのは一週間前で破水してからするする陣痛もきて・・・といきなりでバタバタ。幸い金曜夕方からだったのと、フレックス勤務だったので朝の病院への送り迎えもスムーズだったのですが、来週の業務調整とかなんやったんや?という感じです。これがもう一週間早いとめちゃ忙しい時期だったので上司に確実に小言言われたよな。。。と冷や汗でした。

 逆に言うと、属人化した仕事が多いって個人への負担が大きいわりにメリットないじゃん!なんのための大企業だよ!ってなりましたね。業務コントロールにとられる時間が結構あったのでもったいなかったです。しかもあんまり役に立たないという・・・会議日の調整とかほんと無駄ですね、さっさと勢いで決めたらよかったと思いました笑

②夫ももちろん体力的にきつい

出産って女性が一番大変で、しんどくて、でも逃げられない、やるしかないという状況なので男性側の話はほとんど「感動した」とか「できることないよー」とか漠然としていたものでしたが、立ち合いを全部するとなると、夫も当然きついです。もちろん女性のほうが100倍しんどいだろ!と言われてしまうので胸張っては言えないですが。一日仕事して夕方から朝までつきっきり、定期的にくる陣痛のたびに励ましたりいろいろするのはすごく疲れました。僕は今回短くてよかったですが、これが難産だったケースを考えるとぞっとします。

 男性は仕事がメインの方も多いかと思います。パートナーから「出産立ち合いしてほしい」と言われても実際難しい、調整に多大な労力がかかる場合もあります。そういったことを踏まえて、事前に話し合いをしっかりしておいたほうがいいです(長くなったら一回仕事に出たい、遅れていく可能性が高いetc)。いくら出産立ち合いしたくても、はい仕事やめてきましたーとはいかない方がほとんどだと思います。でもなんとなく「立ち合いするよー」といってできなかったら最悪の状況です。女性も命がけなので、相当印象悪いはず。。。具体的な話をしておけば、もうちょっと身構えることができたなかあとも思ったので、イメージ共有はしておきましょう。

③精神的にもきつい

当たり前ですが、パートナーが苦しんでいるのを見るのはつらいです。夜中の2時あたりで本当に参りそうになりました。

不安ですごく自分に対してプレッシャーになってしまうかもしれないと思ったので僕はすぐに「どんなに思っても代わってあげられないしな」と切り替えひたすら励ましました。相手の痛みとかを真面目に共有しようとするのは辞めてよかったです。

出産後の家庭のことは男性がしないといけません。男性のメインは間違いなくこちらです。共倒れにならないように、適度に休憩を挟みながら自分を追い込みすぎないように。

あと、視覚、聴覚的にすごくショッキングなので、苦手な人は覚悟決めておいたほうがいいですよ。僕は叫び声がホント苦手だったのでしんどかったです。

やっぱり出産立会いはしたほうがいい

 もうちょっと経って落ち着いたら妻側の感想も聞いてみたいなあと(立ち合い時の反省も含めて笑)思います。なんだかんだいっても出産立ち合いはいいですよ。

 

ではでは。