読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけとけたと片付かない部屋

関西地方の20代後半サラリーマンです。地方の工場勤務なのであんまりスーツ着てません。趣味中心のブログです。読書、アニメ、ボードゲーム(カタン)、マラソン、サッカーetc 最近ゴルフを始めました!

海外単身赴任生活での家庭の悩み

現在海外拠点にて単身赴任中です。

先日妻から「子供がすぐに風邪を引いて保育園に行かせられない、早く帰ってきて」という要望(愚痴?)を聞きました。
私の海外勤務期間は研修の意味合いもあり、だいたい半年から1年程度(私の場合は1年)とおおよそ決まっているのですが、今年の5月から1歳になった子供を保育園に入れてのワンオペ育児はしんどいのだろうと思います。
ただ、その話を会社の先輩にすると大体は共感してもらえるのですがどうしても「専業主婦モデル」の実例しかないんですよね。
妻が働いているという想定がないため、どうしても「愚痴を聞いておけば大丈夫」といった対策にしかなりません。

一部の上司に至っては「嫁さんの実家が近いならそんなに文句言うこともないだろう」と昭和価値観バリバリだったりします。

ただ現実として海外赴任や中長期の出張が前提である場合、「共働きモデル」=>「単身赴任による妻のワンオペ育児発生」となってしまいます。

こういう家庭、多いのかなあ。
今の自分の仕事内容は比較的好きですが、将来のことを考えると「うーん」となってしまいます。
また海外への異動といっても会社の都合で任期はいくらでも変わるし、家族帯同が難しかったりと色々問題があるんですよね。

僕自身は次の海外赴任時に家族を連れてくればある程度解決するかと甘い考えだったんですが、そもそも「共働きモデル」がこの時点で通用しなくなるので、結局は妻に仕事を辞めてもらわないといけないというのはなかなかに心苦しいです。


共働きを続けるハードルが至る所に置いてある現状を、自分の身で体感している状態です。
どうしたもんかなあ。。。

ではでは。

喫煙愛好家の方は発展途上国に移住したらいいのでは?

ネット界隈にて飲食店での禁煙云々が賑わっていますね。

喫煙愛好家の方々にはなかなか厳しい世相かもしれません。

 

ですが、大丈夫です!

喫煙愛好家の方は是非、発展途上国で暮らすことをおすすめします!

 

①喫煙に対するルールが緩い

発展途上国であればまだまだ男性社会ですので、喫煙に関する規制がない場合が多いです。私の働いているマレーシアでも喫煙者は多く、飲食店での喫煙が可能なところが多いです。百歩譲ってダメなところでも飲食店の入り口側の席では大体吸えます。ちなみに路上喫煙は当たり前、タバコのポイ捨ても普通ですね。これが欧米やシンガポールのような経済発展した国では難しいですが、発展途上国であれば問題ありません。

 

②喫煙愛好家の数が多い

これも魅力的です。昨今の日本では喫煙者の数は減少し肩身の狭い思いをされているかと思いますが、マレーシアでは大丈夫ですよ。ちなみにイスラム教徒は酒やギャンブルは禁止されていますがタバコはOK!(麻薬は国の法律でNG)ですので結構な男性がタバコ吸ってます。イスラム教徒の多い国は男性を立てる傾向にあるので、しばらくはタバコに関しての規制も厳しくならないと考えられます。非常におすすめです。

 

③古き良き日本を感じられる

かつて日本の職場ではタバコをふかしながら仕事をしていたと聞きます。今は

昔、、、ですよね。私の職場は工場であるため喫煙は喫煙ルームのみですが、職場でタバコをふかしながら仕事するなんてのも国を選べばできます!あの素晴らしい日々の過ごすために日本を出ていきましょう!

 

マレーシアの片田舎で過ごしていると、「経済発展が最優先の国だったら、受動喫煙のような社会的弱者に対する問題は環境問題と同じく見過ごされているんだな」と感じます。それよりも全体として豊かな生活になることがセーフティネットになっている一因もあります。

 

ですので今回の動きは日本全体としていい傾向・社会としての成熟度が上がってると感じています。

そもそもこっち、環境汚染の感覚ないですから、粉まき散らしてても平気です(もちろんマネージャーが指導して工場からの環境汚染は改善させてますが、一個人は感覚的にどうでもよいという状態、、、管理もよくありません)。

 

もちろん受動喫煙の問題で考えれば何の解決にもならないのですが、なんだか喫煙者みんなタバコが吸えなくなる死活問題のような議論になっているので、「視点を変えたらそこまで厳しい話ではないのでは?」と感じています。

 

ではでは

自分が売れるものは何なのか?問題

サラリーマンは端的に言って、「労働力」を売って報酬を得ています。

 

僕は化学工場での安定操業、利益最大化のための技術スタッフです。

 

日々大なり小なりの課題を抱える工程で、アイデアを改善アイデアを創出、実行することで、例えば省力化やコストダウンなどの経費削減、能力増強や新規製品の早期戦力化などアウトプットの増大を図っていきます。

 

年に一度技術チームのKPIが設定され、着実に実行することで利益最大化を目指します。

 

そのための「労働力」を切り売りしているわけなんですが、自分の市場における強みって何なんだろうな、と思ってしまいます。

 

もちろん、会社ではある程度一人前に仕事はできるし、給料の3倍とは言いませんが1.5人前ぐらいはアウトプットを出しているイメージです。

 

でも、これって市場としてはどうやって評価されるものなんですかね。極論を言えば言われたことをやってるだけなんですよね。そこには知的労働はあるけれど、会社の枠組みの中で求められたことを実施しているだけとも言えます。

そう考えると、自分の市場価値ってほとんど高くないんだなぁと痛感してしまいます。

 

ネットの力で個人のネームバリューが活きてくる時代で、サラリーマンってどんどん市場価値なくなっていくのでしょう。

 

自分で商売をしたことあるか?ってのは今後重要なポイントになってきそうです。

 

サラリーマンが儲からなくなってしまったとき、どうやって食べていくのか?自分は何ができているのか?

 

なんかしら好きなことで商売をしたいなぁーそんな気持ちを忘れないように、大事にしていこうと思います。

 

ではでは!

 

 

連休中ですがプラントはバタバタです

日本はGWといういいものがあるらしいですが、マレーシアは5/1がメーデーで休みで3連休です。

 

ですが、先週から生産工程がトラブル続きで色々やってまして、なかなかスケジュールをコントロール出来ず気がついたら気を揉んで3連休が終わるという生産性のなさを発揮しそうです。本当は体制を決めて各人の役割もきっちり決めて、、、とやってたんですが、この週末でスケジュールが2転3転しておいおい、となっている感じ。スケジュール調整の嵐だよ。限られた情報で指示を出し続けないといけない+こっちの人は計画した人のせいにするのがうまい(自分たちで工夫は絶対にしない、スケジュールを自分の都合で変えるのは得意なのにね)ので色々配慮してたんですが案の定状況が変わり過ぎて訳分からなくなっています。

 

こっちに来て半年、人を信じられなくなったというのも一つの大きな要因ではあります。とにかくまず疑ってかかる、会話の中身も現状とマッチしているか確認するまでは信じないということを愚直にやるようになりました。基本的に信じなくなりますね。こうなってくると誰かに預けるということをしなくなっていくので、どんどこ属人化してきてもうたいへんです。こういうもんなのかなー、アジアって。マレーシア特有なのかもしれませんが。

 

まあこんなこと打ってる間にでも何かやったらとは思いインベスターZの安売り分と弱虫ペダル最新刊は読みました。走ろうと思っていたのにもう昼間なんだけど。

 

こっちに来てからお盆もお正月もなし、GWもなしなので、日本の当たり前って本当に日本だけなんだなぁと。当たり前のことなんですが実感しました。グローバル化でこの辺も今後変わっていくのかな、、、

 

あと、よくSNSで流れてくる「日本人の長期休暇は短過ぎ」ってやつですが、マレーシアではみんな長期休暇取らないですね。というより属人化の状況が酷く取るためのスケジュールが組めないという有り様。。。休んでても周りの人はフォローする気がないので基本呼び出しなんていう状況です。

 

という感じで、マレーシアで生産性の低空飛行が続いております。どうしたものなのかな、、、

 

 

 

 

 

 

 

ghost in the shell ハリウッド版 感想

先日ghost in the shellハリウッド版を観てきました。マレーシアの映画館だったので英語の会話(日本語字幕なし)でした。

「これ分かるんかなぁー、まあ原作は知ってるし、なんとかなるか」と思ってたんですが、北野武さん終始日本語でしたね。荒巻がしゃべるたびに話しがキャッチアップできてよかったです。

 

攻殻機動隊の世界観はそのままに、草薙素子の誕生から自分のアイデンティティを理解していくというストーリー。

基本的なアイテムや印象的なシーンはほぼ網羅されていたのではないでしょうか?攻殻機動隊の世界観を知らない人に入ってきてもらえるような仕組みと、ファンが実写化で観たかった映像を盛り込んでいる、よくできたオマージュ作品でした。

街並みのハイテクニュートーキョーみたいな勘違い日本の発展版やら、光学迷彩での格闘シーンとか、deep diveは危険だよ、というありふれたやりとりとか、あと主役級は完全に見た目から入っているので本当にアニメの世界観が実際にあるかのような説得力でした。トグサが英語でペラペラ喋ってるのとか、「素子」の発音が英語風のネタだったりとか、多少の無理はゴリ押ししてたけど。

実写化というハードルをものともしないパワフルな、十分満足できる作品です。好きな人は一見の価値ありです。

 

ただ一点、ストーリーについては、ゴーストの解釈を分かりやすくしたかったからでしょうか。映画だけを観た限りではゴーストは過去の記憶の集積のような印象を与えてしまっていて、オリジナル作品の奥深さがなかったです。あれだと脳みそいじられても大切なことは覚えているんだよ、みたいなよくある話じゃないか、と思いました。まあハリウッド版だし仕方ないのかな。

 

全身を機械にする、ということを「運命」ではなく「選択肢」としてやらないと、ただ機械人間に心はあるのかみたいなアンドロイドの性質の話になってしまってそれキカイダーですよ、攻殻機動隊は逆方向からのアプローチじゃなかっかかな?って。体を少しずつでも機械にすることで、身体の変化による心の変化がある訳で、それを脳みそ以外機械にしてしまったら心は機械の体のインプットのみで形成されていくのでそれは人間なのか?というところ。脳の思考だってただの電気信号なんだから結局もう意思は存在しているように見えて存在していないんじゃないの?という問いかけ、突き詰めて考えてくと生身の人間だって脳の仕組みは一緒なのでじゃあ自我とか、個人の意思って何なのさってなってくる。脳みそに直接データ入れたりできるとハコの意味合いが強くなって、中身一緒じゃんってリスクにもなりえる。。。

 

みたいな投げかけすっ飛ばしていたので、うわーとはなってしまいました。で、他の攻殻機動隊みたいー!ってなりました。

 

映画としての完成度はすごいので、興味ある方は是非是非。

 

「やってて楽しくない」状態では何やってもダメ

僕のマレーシアでの趣味の一つにゴルフがあります。ゴルフはこっちに来てから本格的に始めたのでまだまだ上手でない(というかセンスがない笑)です。スコアも130代というゴルフになってない状態ですが、自分なりに工夫をしながら考えてやってくのは楽しいのと、他の方との交流の場になるなぁと思って熱心にやってました。

 

そしてまたゴルフでは3月初めぐらいからスコアが向上されてきまして、「これは結構いけるな」と思ったのですが。。。

 

ある日を境にスコアが戻ってしまいました。

 

その原因は会社主催のゴルフコンペです。

 

マレーシアの工場でお世話になっている業者を呼んで実施するコンペで、まあ駄目元で参加しとくかと思ってやったのですが、これがまあしんどかった。

 

一つは、日本人がやってるマナーが違うこと。他の人のスコアを聞かないんですよね。一緒の組で回っているのに興味ない感じ。スコアカードを見るとスコアが明らかに僕より悪いはずなのにそんなにではないことが多く、「あれ?数え間違えてない?」と思うこともしばしば。ティーショット打った後とかのかけ声とかもなくて、なんかもやっとしました。

 

そしてもう一つが、「ギブアップ」

マレー人はしんどいのは嫌いなんで、すぐギブアップするんですね。で、僕が普段通りミスが続いたりすると言うわけです。「ギブアップしないの?」と。なんでやーそんなに時間かかってないやろ、まだそんなに(いつもの僕のレベルとしては)叩いてないぞ!と。しかもキャディーがボール探したりクラブ持ってくるのがしんどいからそんなこと言うわけです。まあ腹が立つ。

 

で、腹が立つと当然プレーが乱れてきます。ゴルフは精神面が大切なスポーツです。こうなってくるときつい。明らかな失敗を出すとまたすぐにギブアップしろと言われるかと思うとどんどん振りが硬くなってくる。また明らかな失敗が増えてくると、打った後にマレー語でこそこそ何かしゃべってたりする。もう疑心暗鬼です。分からないけど悪口言われてるんじゃないの?とか一度疑ってしまうと日常会話も楽しくできなくなってくる。どんどん孤立してしまったわけです。

 

で、結果は散々の138でした。交流にもならなくて最後の方は終始イライラしてましたね。

 

ここからが問題です。

 

その次にいつも通りやろうとすると、これができなくなっているんです。この前のイメージがこびりついて振りの自然さがなくなっている。変な力が入るのがクセになってしまっていました。

 

折角上手くなりかけていたのに、振り出しに戻った気分でした。。。

 

それから何回かプレイしましたが、変に考えて打つ分どんどん癖がひどくなりどうにもならない始末。友達とのんびり回るゴルフでも終始悪態をついているような状況で何言われてもネガティヴにしか捉えられず、自己嫌悪に陥ってしまう。

 

そして、現在は一時休止中としています。

 

今回の教訓は1つ。

 

「やってて楽しくない」状態では何やってもダメ

 

これに尽きます。

正確には「やってて楽しくない」イメージを引きずったままやってはいけなかったです。自分の中でリセットしてから次に進むべきでした。いいイメージを持てずにやってしまうと、結果は当然ついてこないんですよね。

人生は思う通りになりませんが、思ってない通りにはもっとなりません。

 

「やってて楽しくない」状態とは結局成功するイメージがないことなので、まずここをなんとかするべきでしたね。。。

 

とりあえず、しばらくゴルフはお休みにします、、、またやりたくなったら始めるぐらいがちょうどよさそうですねー!

 

以上、備忘録でした。

 

やりたいことは小さくしてやっていこう


やりたいことはたくさんあるのに、なかなか手をつけられずにもやもやしている方、いらっしゃいませんか?

それ、僕もです。

僕も、英語の勉強したい、ブログを書きたい、ゴルフの練習したい、ランニングがしたい、旅行にいきたいし計画したい、最近会っていない友達と連絡を取りたい、遊びに行きたい、などなどやりたいことはたくさんあります。

でもなかなかできない。。。
こんなこと言いながら、土日はだらだらとスマホをいじって時間がなくなってしまう。。。
気が付いたら休みが終わってしまっている。。。

そんなこと、ありませんか?

僕は、よくあります。

そこで、「やりたいんだけど、そこまで情熱がなくてできないんだよなー」ってことを実施する方法を考えました。


それは「とにかく短くやる!」ということです。

どういうことかというと、例えばランニングで言えば、「休みの日に公園を一周(10分ぐらい)だけ走る」とかにしてしまうんです。
これ、ランニングを趣味でされている方は知っていると思いますが、全然トレーニングとしてはいまいちです。

僕もかつてフルマラソン参加に向けて練習したことありますが、だいたい週に2,3回は走る、時間は30分-1時間程度の短い距離を早めに走る練習と、20-30kmじっくり長い距離を走る練習をしていました。こうすることで心肺機能の向上と長時間走る持久筋を鍛えるという方法です。

で、やったことある人ならわかりますが結構な時間がとられます。
毎週しないと効果もよくないので、週に5hrは最低走っている計算です。

これ、けっこうしんどいですよね。

フルマラソンに出るような情熱をもってやる分にはいいかもしれませんが、僕はもうそんな情熱も目標もなくてできません。
でも、定期的に走っておかないと体力は下がる一方だし、走って血行をよくすることで肩こりとか腰痛も緩和したい、なにより走ること自体は好きなのでやっていたい。

これだったら、「休みの日に公園を一周(10分ぐらい)だけ走る」でも達成できるんですよね。
むしろこっちのほうがストレスもかからないし、気楽にできます。1週間に20minなら仕事でへとへとなときでもちょっとやっとくか、ってなりますよね。

重要なことは「何のためにやりたいか、それは最短でどうやれば達成できるのか?」を考えることです。

フルマラソンに出るのであれば、上記は不十分ですが、まあ人生いろいろやりたいこと、やるべきこともあるんでみんながみんなフルマラソンを走らなくてもいいわけです。
むしろ最短の労力を投入して最大の効果を上げるにはどうしたらいいかを積極的に考える(生産性を上げる)ことを考えたらいいと思い至りました。

例えば、公園まで行くのもしんどければ玄関出たとこでしんどくなるまで足踏みしたらいいんです、走るだけなら一日だけ出勤時の駅まで走ればいいんです。
そんな風に、「やりたいなあ」と思っていることを思ったままで終わらせずに「とりあえず形にしてやってみる」っていうのは人生を楽しくする上で大切だと感じました。

また「ブログ書きたいなあ」と思っていてもなかなかできないので、この記事もとりあえず15分で書き上げることを目標にしてやってます。

 

生産性は今ホットなワードですが、分かりやすかったのはこの二つの本ですね。

 

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

 

 

 

 

 

(ほんとは体裁を整えたいとか考えてるんですが、全部やるとおそらくやりきらないのでとりあえずこんな感じです)
「ブログを書く」という目標であれば、後で編集しなおしたりすればいいんです。それも「ブログを書く」ことです。

自分のやりたいことを何のためにやりたいのか考えて、最短で達成する方法を実施していく。

これは結構使えるし、日々が充実しやすくなると感じました。少なくとも気が重くてなんとなくスマホいじってるよりは生産的です。
もちろん、スマホいじってストレス解消になればいいですが、時間当たりの満足度でそこは考えるようにしましょう。時間をつぶすことが目的になってしまうと、時間がいくらあっても足りません。

 

ではでは、次は英語の勉強を、とりあえず英語ニュースのタイトルだけ読む、で達成します!(志低い笑